とりあえず動く!

今を生きる

Blue day三日目。眠くてたまらなくて、母が子ども達を送り出す声で飛び起きて、何とか見送りには間に合いました。その後また二度寝をしてしまいましたが…。

しかしこれから働くことを考えたら、Blue dayだからって休んではいられません。薬やトイレのタイミングをうまくコントロールしながら、動かなくてはいけません。薬も耐性がつかないように痛みの段階に分けて、種類と量を使い分けて…。

という訳で、一番きつい3日目だけれど、頑張って、おチャんぽに行ってきました(チャリ=自転車でお散歩→おチャんぽw)。
目的は、試験勉強のためのお気に入りのボールペンとルーズリーフの購入。
まずは、出題範囲である登録販売者の「試験問題の作成に関する手引き」を使って、自分の為の参考書を作る為です。

昔から勉強をボールペンでするのが好きでした。
鉛筆よりはっきりしていて後から見直しがしやすいし、ボールペンのインクが尽きる度に、ちょっとした達成感が味わえるので、モチベーションが上がるのです。
使用するのは0.4㎜の油性ボールペン。ジェルとかフリクションだと、0.38㎜とかもっと細いのが売っているのですが、滲みがない分やっぱり油性の方が細くくっきり書くことができます。
なので、100均で2本セットで売っている0.4㎜ボールペンが昔からの勉強のお供です。

まずはただ写す。
読みながら丸写しをしていくことで、わからないところや、難しいところをチェックして、付箋を貼っていきます。
後は、付箋を貼っているところを何度も復習。
そこまでしたら、後はひたすら過去問題集を解く。というのが、私の勉強法です。

「試験問題の作成に関する手引き」 だけで374頁あるので、ノートよりもルーズリーフの方がいいかと、購入してきました。
10月の試験に間に合うように、これからはひたすら勉強です。


それから…、今日は弁護士の先生から連絡がありました。
今週中に離婚は成立することはできるけれども早くて24日。そうすると土日の関係で手続をする期間が短くなるので(10日以内にしなくてはならない手続きがたくさんあるのに、役所は土日は開いていないので)、週明けの27日で審判確定(離婚)にした方がいいのではないかとのこと。
それから、調停が始まって以降夫の口座から引き落とされた子ども関係のお金は全て、今までの婚姻別居分担金の未払い分から引かれるということを知らされました。

息子の入学祝にもともと購入予定だった自転車も、購入したのは調停前な上に、夫のカードで支払ってもいいか確認をした上で購入し、レシートもちゃんとメールで添付していたにもかかわらず、引き落とし日が調停後の為に、分担金から引かれるそうです。
後、こちらのPTA保険に入るにあたって、自動継続される前の学校のPTA保険を解約しておいて欲しいとお願いしていたにも関わらず、それをせずに引き落とされた保険の掛け金も、子ども関係だからというだけの理由で、分担金から差し引き。

まぁ、慰謝料はともかくとして、子どもの為の養育費ですら弁護士を雇ってまでして最低金額にごり押ししてきたような人なので、想定内といえば想定内ですが。
弁護士の先生も、この点を争ったらまた長引いてしまうということで、こちらへの妥協を促してきました。
まぁ、子どもよりも自分、夫がブランドに溺れ金の亡者となった今、仕方がないといえば仕方がないんですが、なんだかやるせないですねぇ。
それで、面会権だけはきっちり求めてくるのだから、子どもに対する愛情があるのかないのかよくわかりません。(ポーズかな?)

でも、もう夫を会ってもパニック発作を起こすことなく普通に接せられる自信があるので、今週末の運動会、娘は夫に「来てね」メールを送っているようなので、もし来れるのなら来てあげて欲しいなぁとも思います。
そう思えるようになったのも、凄い進歩かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました