運動会に行ってきました&夫にも会いました

今を生きる
keizi5050によるPixabayからの画像

今日は子ども達の運動会。
…そして、1年以上ぶりの後二日の“夫”との遭遇日でした。

子ども達はも遠目で見ても「あ、あれうちの子だわー」とわかるくらいのキレキレの動きで、娘はダイナミック琉球の歌に合わせて締太鼓を打ち鳴らしながらエイサーを踊り、息子はノリノリでU.S.Aを大きな声で歌いながら踊っていて、見ていてもとても楽しかったです。

徒競走は…娘は1位を取り、息子は2位。(と思ったら、今帰ってきた娘から2位だったと聞かされました。昨日の栃ノ心戦ではありませんが、ビデオ判定では1位ですw)
騎馬戦では予行演習で圧勝しすぎた娘は、狙いを定められてしまい個人戦でも団体戦でも完敗してしまいましたが、流石高学年、面白いものを見させてもらいました。

最後の締めである3~6年生での学年代表リレーでは、補欠だった娘が参加するかどうかが最後まで微妙で(一人が昨日足を痛めたらしく)、リレー直前までは代わりに走ることになっていたのですが、直前になって本人が「やる!」と言ったらしく、残念ながら参加することはできませんでした。

なので、 1、2年生は午前の部で終わりということもあり、娘が参加しないなら…と、混み合う前に先に帰ってきました。
去年は体力に余裕もなくシートにへばったままだった運動会ですが、今年はカメラを持って走り回る運動会になり、真夏日の炎天下の中、子ども達の元気な姿を満喫してきました。

そして息子の卒園式以来1年以上ぶりに会った夫ですが…。

久しぶりに見た夫は…、太ってましたw
数年前、健康診断でかなり高い中性脂肪値で引っかかってから、一生懸命食事をヘルシー路線に切り替え、豚バラ肉をラム肉に変えたり、脂身を減らしたり、量が少なくても満腹感が得られるメニューにしたり、野菜を美味しくとれる味付けを工夫したりといろいろ頑張ってきましたが、明らかに「毎日外食で油ものを食べてます!」な体系になってました。

夫に「体重は52㎏キープね」と言われとことがトラウマになって、鬱で長い間引きこもっている間に太ってしまった自分が恥ずかしいと思っていた自分が、逆に恥ずかしいと思ってしまうほど、「あなた今年の健康診断大丈夫だったの?」と思わず聞きたくなるような変貌っぷりでした。

そして、相変わらず眼鏡も帽子もバッグも靴も新しいものでしたねー。
高級マンションに住み、外食し放題、買い物し放題なのが明らかにわかる姿。そのお金は一体どこから出てくるのか。
夫は来月再来月で、計百万以上の分割した慰謝料の一部と、今までの婚姻費用分担金の未払い分を支払わないといけないはずですが…、全く節制している様子は見えませんでした。
おそらく夫自身はお金がないはずなので、不倫相手の隠し財産からいろいろ支払われているのでしょう。だからこそ夫は不倫相手から離れられないんでしょうね。

最初、小学校につきシートを広げ椅子を出して座っている時に、娘に話しかけている夫を見かけました。本当に一回り以上大きくなっていたので、最初は誰かわかりませんでしたが、日よけの上着だけが見覚えのあるお揃いで買った長袖のカーディガンだったので、「あぁアレが夫か」と気付きました。

暫くは相手もこっちには気付いていないようで、どうしようか悩みましたが、息子の方にも話しかけに行っているようで、まぁ、一応挨拶くらいはしとくかなと、夫の横に並んで「ご無沙汰しています」と声を掛けました。
行く前に一応精神安定剤とパニック防止剤は飲んでおきましたが、思っていたよりも動揺もなく普通に話しかけることができました。
そして、子ども達の事をいろいろと話した後…。

「で、明後日で離婚が成立するわけだけど、○○さんと結婚するの?」と聞いてみると「…まだ、わからん」という返事。あいかわらず優柔不断です。
しかし、不倫相手は不倫略奪した前の夫が離婚した翌日に、即入籍していることを知っています。月曜に私達の離婚が確定したらすぐに、夫は言われるがままに籍を入れさせられることになるでしょう。
なので「結婚は慎重にね。○○さん、前の旦那さんも不倫略奪婚で、たった5年でまた不倫略奪婚してるんだから、たぶん結婚してもまたお互い不倫することになるんだろうし、 離婚するのって意外と大変だって、今回の事でわかったでしょ?」「えっ?」
どうやら夫は、不倫相手が前夫も不倫略奪婚をしていたことを知らなかったようです。
「それにお父さんが外国の方って知ってる?」と聞くと「それはお母さんでしょ?」「あぁ、じゃあ両親ともそうなんだね。日本人なのはお義母さんが再婚した今のお義父さんでしょ?」「えっ?」
純向こうの国のお方でした。普通の名字なのは、再婚したお義父さんが日本人だからだということも、夫は知らなかったようです。
「それに、師範の電話も着信拒否にしているでしょ? あれだけ、生活の第一だったものを疎かにして不倫相手を取るんだから、洗脳でもされているんじゃないかってみんな心配してたよ」「えっ?」
どうやら、電話の機能をいじって着信拒否設定をしたのも夫ではないようです。
とどめに、「弁護士の使い方といい、訴えられた時の対応の速さといい、お金の隠し方といい、かなり訴えられ慣れてるよね」「今も○○さんのお金で生活してるんだろうけど…、最初は気前よくお金を払って相手に借りを作ったと思わせて、親しい人と連絡を取りにくくして周りと引き離して自分に依存させて…、その後寄生してお金を搾り取るとか、たぶん前の旦那さんもこのパターンでお金巻き上げられて○○さんは裕福だから、○(夫)さんに何でも買ってくれてるんだろうけど…。この後結婚したら前の旦那さんみたいに、搾り取られるだけ搾り取られて、飽きたら次の人に行くんだろうねー」「○○ちゃん(洗脳軟禁されてお金を巻き上げられていた友人、救出済)の時とやり方がよく似てるよね」「えっ?」
「あ、それから、間違っても子どもだけは作らないでね。これ以上不幸な子どもを増やさないように」とにっこり笑って、「どんな生き方をするのも○(夫)さんの自由だけど、これ以上、子ども達にとって“恥ずかしい父親”にならないでね」と付け足し、呆然としている夫を置いて「じゃあ、子ども達の競技も終わったみたいだし帰るわー」と帰ってきました。

あ~、すっきりした!

夫と直接会えば、もしかするとまたパニック症状や不安症状が出るんじゃないかとか、いろいろ心配もしていましたが。そんな兆候も全くなく、言いたいことを全部言って、気分爽快で帰ってきました。
寝耳に水な事を次々と聞かされて呆然としている夫を置いて帰ってきましたが、さてこれからどうなるんでしょうね。
まぁ、知りませんけど。

もう、明後日には“一応子ども達の父親”だというだけの“他人”になる人です。
未払いの婚姻費用分担金と、慰謝料と子ども達の養育費さえきっちり払って貰ったら、それ以外のお金を巻き上げられようがどうなろうが、自業自得ですからね。

さて私は過去ときっちり決別もできたことですし、明後日からはシングルマザーとして改めて頑張っていこうと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました