<2章>繰り返される地獄

<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない8

4月になり、息子が小学校に入学しました。夫には入学式と、5月にある運動会の日程だけはあらかじめ知らせてありました。卒園式もそうですが、今後面会等の話も詰めることになるでしょうが、一応の節目の行事だけは父親として出席する権利があると思ったか...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない7

以前、私の「子ども達のためにも今の家は無駄な出費になるかもしれないけれどせめて1年はそのままにしておいて欲しい」という要望に、夫は「そんな無駄な金を使うくらいなら子ども達に残してやりたい」と言って断りました。 そして「家の権利書はど...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない6

ご心配いただいている方もいると思いますが、この時点の記事は1年前の記録になります。今は、もう地獄はある程度通り過ぎているので、ご心配なさらないで下さいね。 (…前回からの続き) とうとう卒園式の当日がやってきました。 朝...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない5

卒園式の前日、私たち家族は元居た家に向かうことにしました。幼稚園は8時半登園です。それに間に合わせるために、子ども達が半分寝た状態の早朝に出発しました。 久しぶりの自宅は、何がどう変わったいうわけでもなく、私達が出て行ったそのままで...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない4

頭がうまく働かないので、決定的な答えは先送りにして、もう少し落ち着いてから考えることにしました。 一ヶ月程経ったころ、夫に対し「家族という日常から解放されて、好きな人といつでも一緒に居られて、1人自由な日々を過ごせて…今、幸せですか...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない3

今度こそ本気かと思った夫の決意も、いつも通りの薄っぺらなものでした。 馬鹿な私は今度こそ本当かと信じてしまい、数日は鬱の兆候も良くなっていたのです。しかし夫からの連絡で、また地獄に突き落とされました。何度裏切れば気が済むのでしょうか...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない2

両親は猛反対しました。年末に両親が迎えに来た時に、夫が本気で再構築をするつもりで土下座をして謝ったのならば、せめて相手との関係をきっちりと清算し、身綺麗にして冬休みの間に再度実家まで謝りに来るべきだった。そして、迎えに来るはずだった5日、...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない1

夫の不倫と心ない言動で鬱を発症し、自殺寸前で両親に助け出され、実家に戻ることに。実家に帰る前に「最後になって本当の気持ちがわかった。離婚はしない」と言っていた夫は迎えには来ず、「子ども達をお願いします」と…。
タイトルとURLをコピーしました