家族の理解

その他徒然
MondfeuerによるPixabayからの画像

先日から、心身の不調が続いています。
風邪かと思っていたんですが、どうもそうではないようです。

5月2日。今日は審判離婚の異議申し立ての最終期日のはずです。
GW中なので弁護士さんからの連絡はありませんが、夫が異議を申し立てることはないでしょう。
養育費に関しても慰謝料に関しても、金額は最低額、本来なら一括で払うべき慰謝料を分割にするなど、かなりこちらばかりが譲歩した内容になっているのですから。

もし、今がGW中でなければ、今日私は離婚が決定したということになります。

その影響でしょうか、ここ数日、かなり調子がおかしいです。
先日食事中に寝落ちした→どうもそうじゃなかったという話をしたと思うのですが、昨日も同じ状況に陥りました。(と言っても、私はほとんど記憶にないのですが)

ご飯を食べているのに、食べれていない。箸は口に運んでいるのに掴めていない、しかもそれに気づいてもいない。終いには体が傾いて意識が消失したような状態になっていたようです。
食事中も何度も「寒い」と言っていたようで、父から食後すぐにお風呂に入って温まって寝るようにと言われ、お風呂に入った(らしい)のですが、お風呂の中でも意識を消失…。我に返って今の状況が理解できずパニックに陥るという羽目になりました。

お風呂から出ても、何故か服が着替えられない。
いつも当たり前に行っていることが、どうしてもできない。
何故そうなるのかがわからず、しかも、いつまで経っても着替えているのに着替えれないという状況にまたパニックに。
少し落ち着いて我に返ったら、一生懸命ズボンを着ようとしていました。

その後もふらふらとしていたようで、二階に上がる階段が危険だということで、私が階段から落ちないように娘が付き添ってくれたそうです。
そして、リクライニングチェアに横になってそのまま寝たと…。
それらのすべてを朧気にしか覚えていないのです。夕飯の途中から記憶が曖昧で、パニックを起こした時だけの記憶が鮮明で、後はほとんど覚えていない。

実は一昨日も、私がPCをしながら眠ってしまっていて(意識を失っていた?)椅子から落ちかけていたのを娘が発見し、手を引いて自分の布団に誘導したそうです。
私はそのままパタリと眠ってしまったらしいのですが、数時間後(といっても2時間も経っていないくらい)に目が覚めて、ここが何処なのか、どういう状況なのかがわからずにまたパニックに。
そしてその一連の行動も、翌日娘から聞くまで全く記憶にないのです。

私的には、かなり不安です。
今までになかった症状が続いて、記憶が飛んでいるというのは結構怖いものです。

GWの為に、隔週だった通院の期間があいて、次の診察はGW明けになります。

しかし、両親的にはあまり担当医にその話をして欲しくない様子…。
症状の悪化と見られて薬が増えることを心配しているようです。

私的には、症状が良くなっているとはとても思えず、むしろ悪化しているように思います。
不眠症の再発、度々起こる意識の消失、パニック発作の頻度…。
それらを正直に言い、担当医の指示を仰ぐことが必要かと思うのですが…。

両親は私が良くなっていると信じたい節があります。
夫の事がカタがついたのだから、病気は良くなるはずだと。

確かに最近やるべきことが多く、今までよりは動けているかもしれません。
必死に、頑張っています。

父は最近、「ちゃんとしろ」「もっと頑張れ」「母親なんだから」「しっかりしろ」等を言うことが増えました。
頑張ってるよ、必死に頑張ってるよ。
でも、どうしても、父の思う水準には足りないのです。
そして、その頑張った反動が思ったよりもキツかったりするのです。
だって、精神と気力だけで何とか誤魔化して、無理やり体を動かして、普通に近づこうと頑張っているだけなのですから。

私は良くなっている。だから薬は減らされることはあっても増やされることはない。
私は良くなっていないといけない。
だって、こんなに両親に良くして貰っているのだから。
もう元凶であるはずの、夫との離婚も決まったのだから。
私は良くなることはあっても、悪化することがあるはずはない。
調子が悪いのはたまたま。
調子が良い時だってあるのだから、悪いことをわざわざ報告する必要はない。

また薬が増える。
悪化するなんてことがあるはずがない。

両親から送られてくる「お前は良くなっている」という言葉が、励ましではなく呪縛のように心と体を縛り付けます。
「良くなっている」ではなく「良くなっていないといけない」と聞こえてきます。

鬱に対して、比較的理解してくれている両親ですらこうなのだから、理解のない家族であったならば、もっと大変なのでしょうね。

次の診察は一週間後になります。
それまでに、同じような意識消失が繰り返し起こらなければ、いっそ言わない方がいいのかもしれません。

どうせ、GWが終われば、離婚の手続きやひとり親家庭の申請、保険の切り替えなど、様々な手続きをし直さないといけないのです。
その時に、自分の体がどんな反応を見せるかで、通院時に担当医に話すかどうかを決めようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました