<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない5

卒園式の前日、私たち家族は元居た家に向かうことにしました。幼稚園は8時半登園です。それに間に合わせるために、子ども達が半分寝た状態の早朝に出発しました。 久しぶりの自宅は、何がどう変わったいうわけでもなく、私達が出て行ったそのままで...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない4

頭がうまく働かないので、決定的な答えは先送りにして、もう少し落ち着いてから考えることにしました。 一ヶ月程経ったころ、夫に対し「家族という日常から解放されて、好きな人といつでも一緒に居られて、1人自由な日々を過ごせて…今、幸せですか...
大人も子どもも

ハッピーバースデー 命かがやく瞬間

古い本ですが、虐待、負の連鎖、命の大切さ、言葉の重要性等、いろいろ考えさせてくれる本です。今も色褪せず、読むたびに新たな発見を与えてくれます。ぜひ大人にも子どもにも読んでもらいたいと思います。
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない3

今度こそ本気かと思った夫の決意も、いつも通りの薄っぺらなものでした。 馬鹿な私は今度こそ本当かと信じてしまい、数日は鬱の兆候も良くなっていたのです。しかし夫からの連絡で、また地獄に突き落とされました。何度裏切れば気が済むのでしょうか...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない2

両親は猛反対しました。年末に両親が迎えに来た時に、夫が本気で再構築をするつもりで土下座をして謝ったのならば、せめて相手との関係をきっちりと清算し、身綺麗にして冬休みの間に再度実家まで謝りに来るべきだった。そして、迎えに来るはずだった5日、...
<2章>繰り返される地獄

まだ地獄は終わらない1

夫の不倫と心ない言動で鬱を発症し、自殺寸前で両親に助け出され、実家に戻ることに。実家に帰る前に「最後になって本当の気持ちがわかった。離婚はしない」と言っていた夫は迎えには来ず、「子ども達をお願いします」と…。
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇8

「話をつけてくる。ちゃんと帰ってくるから」医者と警察から諭されて、実際に妻の家出を経験して、何か感じるものがあったのでしょう。家を出る時の夫は、確かに何かを決断したように見えました。 しかし、結果はいつも通り。 翌朝「「ちゃん...
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇7

久々の当てのない徘徊でした。体力が落ちてしまってからは、徘徊する気力もなくなっていたのですが、その日は何故か疲れを感じることもなく歩き続けることができました。いつもの深夜徘徊と違って、明るい時間に徘徊するのは初めてで今まで通ったことのある...
処方される薬

鬱病と診断されると処方される薬の種類2

こちらは主に実際に私が服用していた薬です。その薬の変遷と内容を少し紹介していきたいと思います。 抗不安薬( ベンゾジアゼピン系 )    ◎短時間型(半減期が3~6時間程度)     クロチアゼパム(リーゼ)     エチゾ...
処方される薬

鬱病と診断されると処方される薬の種類1

鬱と診断されると、よくわからないままどんどんと薬が増えていきます。自分が飲んでいるのがどんな薬なのか、何のための薬なのか、わかっておくことは大切だと思います。特に睡眠薬など、効かない場合は変えてもらうことができますよ。
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇6

自分さえいなくなれば、夫は現実と向き合ってくれるのだろうか。自分の行動の非道さを、自覚してくれるのだろうか。 常にあった消極的な希死願望が、積極的な自殺願望に変わりつつありました。 ただもう、全てに疲れきっていて、いつまで続く...
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇5

不運なことは重なるもので、丁度その時期に、夫婦でお呼ばれをしている結婚式と、家族でお呼ばれをしている結婚式が2件ありました。 相手は両方とも大学時代からの共通の友人で、片方は家族ぐるみのお付き合いをしている人でした。大学時代から付き...
子ども関係

子どもに何かあった時

子どもの怪我や病気など、いつどこで何が起きるかわかりません。そんな時に便利な情報です。診察時間外の怪我や病気。そんな時に便利な#8000、#7119の紹介です。
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇4

夫の不倫は続いていました。「別れ話をしてくるから遅くなる」と言っておきながら、朝まで帰って来ないことも何度もありました。 耐性ができたのか睡眠薬も効かなくなり、短時間型だったトリアゾラム錠がフルニトラゼバム錠1㎎というものに変更され...
<1章>地獄の日々

夫の不倫と鬱との遭遇3

不安な気持ちを忘れたくて、子ども達が寝静まってから、ひたすら歩き続けます。行先も何も考えずにただ“歩く”という行為だけに没頭するのです。ひどい時には気づいたら25㎞ほど歩いている時もありました。 食事もまともに取れず、睡眠もできず、...
タイトルとURLをコピーしました